制作を担当したyoutubeチャンネルと一般コンテンツへのアクセスが合計約3000万回を達成しました。

こちらはYOUTUBEでのアクセス統計です。

「訪問者に正しく真実を伝えながら、楽しむこともできる充実したコンテンツ」それが一番理想的ではないかと思います。